今日も食料求めて西へ東へ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハゼ

今年の夏は、鮎中毒の発作が起きてしまい

夏の間は川・川・川の鮎三昧>って程も行けてない_| ̄|○

だったので、すっかりその存在を忘れていたΣ (=д=ノ)ノ

ハゼ

ご近所の方のお誘いで思い出し、行って来ました(≧▽≦)ゞ



朝一は、昨年結構釣れた長浦の運河にGO(* ̄0 ̄*)ノ オォー!!

大潮・満潮からの下げ始め&朝マズメの好条件

にも拘らず…一時間付けたエサも無くならず


(`д´メ)ナンジャト、ゴルァ!!!


ってな感じで、暫し放浪の旅へil||li _| ̄|● il||li

何処へ行っても「釣れない」 「ダメ~」と

聞かれるのは空しい返事ばかり



そして最後に辿り着いたのが

通裏視イベントサービス社所有のクルーザー

が停泊している桟橋の岸壁(* ^Д^)ノ

釣り人無し、風も無し、アタリは・・・














キタ━━━━━┌(。A。┌ )┐━━━━━━!!!!!













本日最初のアタリは同行のFさん

いきなり13cm程の良型を釣り上げ

こちらもやる気MA~X

しか~し、こちらにはアタリ無し???〓■●

今日のパターンは投入・待ち・大きく誘い・待ち

そして肝は糸を緩めて弛みがツツッと張ったとき

ピシッと軽く合わせる

このパターンで10分に一匹程度でしたが

釣れて来ました



ここで毎度お馴染み家のうるさいオマケが登場

あたしも釣りたいの~(ノ▽≦*)
イェーイ(ノ▽≦*)



当然もう一人も、オレも釣るψ(`∀´)ψ
ヤッホー(* ^Д^)ノ



仲良く釣った所で潮止まりで本日の釣り終了
本日の釣果



10cm~18cmの型揃いのハゼが釣れました

スポンサーサイト
前回の続きです!


3投目で2匹目をまんまと釣り上げたオイラは
>ダンゴ釣りなんてたいしたことねぇなψ(`∀´)ψ

と思っちまい、調子に乗ってその後も

3匹、4匹と快調に数を伸ばしていった




んが、しかし





それでは皆様の期待に沿えないので

今回も壁にブチ当たってみましたよ

っうか必然ですな、そんなに甘かぁない

ちゅう事ですな


5mと変わらない場所で釣っている

pingさんは相変わらず好調に数を伸ばして

いたのに対して、オイラにはアタリすら

無い始末…il||li _| ̄|● il||li

そんなこんなで迷っているとグロさんの竿が

満月にしなっているではあ~りませんか


2度3度の締め込みをかわし魚が

こちらを向いた所で巻き上げに

そして次の瞬間…









フワッと








竿のテンションが戻り

S「今のはカイズクラスでないの」

グ「いや~ボラでしょ~」


何てやってるうちにも更にpingさんは

数を伸ばし、もう遥か彼方の遠い人に

pingさんにアドバイスを貰いながら

頑張ってみましたが、オイラは…

釣っても、釣っても、ゴン・ゴン・ゴン

ゴンズイの入れ食いが止まりません

((((;´゚Д゚)))アワワワワ(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

で最終的には、20㎝前後のサイズを

6匹でしたが、まあ良しとしましょう

ティンティン(*ノェノ)ポ





【今回の反省】

1.ダンゴの水分調整をもっと
 色々試してみればよかった

2.ダンゴの投入コントロール
 をもっと正確に!

3.筋力を鍛え、ダンゴ握り
 位ではへこたれない肉体に
 >気持ちだけ(´▽`*)




あれから数年が経ち、
幼稚園に通うようになったある日…


内気で怖がりなオイラが何故か
旅に出た(直線で500㍍)(^m^*)
そこで運命の出会いが待っていた…


悪友のK君だ!>はいここ試験にでるよ

彼との出会いによって名竿「マタムネ」
>ただの竹の延竿( ̄m ̄*)
を手にすることになるのだった
(東映のオープニング思い出して)


「マタムネ」はK君のお父様に作って
頂いた名竿で、後に日新のグラス竿を
手に入れるまではオイラの大事な
唯一の竿(自前は抜きで)だった


まだ幼稚園児だった二人だが
お父様に連れられてよく綾〇川に
クチボソや小鮒を釣りに行った


しかし、そんな楽しかった日々も永くは…
そう…ただの竹の延竿だった
「マタムネ」はある日突然








ミシッ…バキッ∑(゜д゜υ)














と、役目を終えこの世を去った…( ̄□||||!!



次回予告

第3話

『釣り三昧の日々』


え~っと、オイラのは左に曲がって…(*ノェノ)ポ
ってそのチンチンではなく黒鯛の幼魚
の方ですが、釣ってきました(≧▽≦)ゞ



場所は房総半島 金谷某所のとある堤防>やっとブログタイトルに近づいた(^^;



まだ薄暗い早朝4時に到着
堤防上には先客が3人(内1人は後に通裏氏さんと判明)
堤防中央付近に釣り座を確保し
その他の道具を取りに車へ戻ると
pingさんの車を発見挨拶に向かう

s「おはようございます」
p「おはよう、ひょうたん行っちゃった」
p「ちょっと仮眠してからにするよ」
s「じゃあ釣れたら連絡しますね~」
とやり取りをしてから釣り座に戻る



釣り座へ戻ったオイラはダンゴ作りを始める
今回はpingさんお勧めのヌカダンゴの材料が
手に入らなかった為、市販品で挑戦してみる

袋の裏にある説明通りに、軽量カップまで使い
キッチリ仕上げる>雨降るかもよ((((;´゚Д゚)))アワワワワ
こんなもんかな~と悩んでいるとき
グロさんがやって来た(* ^Д^)ノ


s「おはようございま~す」
グ「おはようございま~す」
s「ねぇねぇ、ダンゴこんなもんでいいの」
グ「う~ん、いいんじゃないですか~」
などと挨拶を交わし、ダンゴのOKも頂いたので
早速開始(;`O´)o/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ >゜))))彡



一投目 タナ深すぎですぐに回収
二投目 今度はバッチリで浮きが徐々に
浮き上がってダンゴから付けエサが飛び出た
次の瞬間 浮きが2目盛り程クッと押さえ込まれた
ビシッとあわせが決まる














ガツッ !!














キタ━━━━━┌(。A。┌ )┐━━━━━━!!!!!













開始二投目で本命ゲッツ(≧▽≦)
うれしすぎで写真を撮るのも忘れ
だから今回画像なし_| ̄|○
慌てて三投目の準備を始める
そしてダンゴが割れる浮きが馴染む














キタ━(゚∀゚≡゚∀゚)━!!













この後どうなったのか…
緊迫の次回へ つづく














続くったら つづく

どんな釣りでも必ず使う?8の字結び

その8の字結びを簡単にサクッっと仕上げるのが

コレ↓
速攻8の字


先端部アップ
先端部


これは鮎釣り用の細糸バージョンですが

太糸用もあるので海釣りではそちらが良いでしょう。


使い方はこちらをご覧になって下さい。


9/9(土)市原某所にて

前々から噂されていた

上海蟹(モクズガニ)の捕獲に

行って来ました(≧▽≦)ゞ

夕闇せまる午後6時

友人のS君に案内され

現場に到着…

ここにこうやってくっ付いて

いるんだよね~と言って水中を…














イタ━(゚∀゚≡゚∀゚)━!!














で幸先よく一匹GET((* ิ∀ ิ)).。o○

これで俄然やる気MAXに

やがてライトが欲しくなって来る

時間になると時合到来

甲長5cm~10cm程の蟹が
デカイv..V 


いたる所に張り付いて居るのを発見!!

S君と二人夢中で取り捲りましたψ(`∀´)ψ


1時間30分の操業を終えバッカンの中を

覗くと↓
カニ・蟹・v..V 


大漁・大漁・・・(* ̄0 ̄*)ノ



現在砂だし?の為入浴中( ̄m ̄*)
v..V 入浴中



はじめに

オイラが釣りと出会ったのは

それはそれは幼い頃でして

その頃の記憶はいくら利発そうな

可愛いオボッチャマだったオイラでも

チョット…な所もかなりあります

なので、最初の1話・2話あたりは

かなりの妄想になるかと思われます

よって、んな訳ねぇだろ(#゚Д゚) ゴルァ!!

のようなツッコミはなさいませんよう

お願いいたしますm(_)m(笑)



☆゜+..+゜☆゜+..+゜☆゜+..+゜☆゜+..+゜☆゜+..+゜☆゜



この甘美な例えようのない崇高な趣味


釣り


と出会っしまったのはオイラがまだ

末は博士か弁護士か?はたまたお医者?

と、もてはやされていた?ご幼少の頃(3歳位かな)(ノ▽≦*)

お父様の運転するハーレーの(チャリとも言う)

リヤシートに座り、目指すは荒川

汚い茶色に濁った水、そこには

鮒や鯉、クチボソやタナゴがいました

そして、お父様の釣り上げた

50㎝はありそうなマブナ∑( ̄□ ̄ノ)ノ 


鮒に始まり、鮒に終わる…



そんな、格言通りの出会いでした

元来、飽きっぽい性格のオイラですから

きっと、お父様に『うるさい』ヽ(*`Д´)ノ

等と叱られた事もあったでしょう

しかし、それでも『僕も川につれてって』

と言ってしまう程の何かが

利発そうな可愛いオボッチャマの(ノ▽≦*)

オイラの中に沸々と沸き上がって

きていたのでした!!






次回予告

第2話

『初めての竿』

ここの所、結構まじめにエントリーしてますが…

いつまたネタ切れになるやも知れず

なので、これからボチボチ釣りとの出会いから

現在に至るまでを、記録していきたいと思います。



予告

第1話

『僕も川につれてって』
6月から始まった今年のアユ釣り
後一回は行きたいと思っていましたが
何とも予定が立たない為終了とします

今年のアユ釣りを振り返ると
天然河川の遡上遅れや放流河川の
冷水病等の自然条件に加え
長年のブランクから来る川見の甘さ等々
来年に向けての課題が多く残った
シーズンになってしまいましたil||li _| ̄|● il||li


でもまあ、悪い事ばかりではなく
情報交換出来る仲間が出来たり
新しいアイテムや釣法が仕入れられたりと
今までにない(ここ7~8年間)
充実したシーズンでもありました(≧▽≦)ゞ
>初めての鮎(いい香り)













今週末あたり

海に復~活の予定

先日、浜風さんのところで
ゴーヤ料理が紹介されていたので
我が家流も公開(≧▽≦)ゞ


材料

ゴーヤ1本  買ってきたヤツ(笑)
シーチキン1缶 ノンオイル最近油が気になるの( ̄m ̄*)
塩 少々
マヨネーズ 適量


作り方

ゴーヤを縦に半分に割り
種をスプーン等で掻き出す
そして3mm程の幅に切り
ボウルに入れ塩少々を加え
余分な水分を出す

これで歯ごたえシャキっと(((ヽ(≧Д≦)ノ)))イヤァァ!!な
苦味も取れますのよゞ(゚ロ゚;)オクサンッ!


十分に絞った後
ナベで2~3分ゆで
さっと冷水にさらし
荒熱の取れたところで
余分な水分を絞り
シーチキンとマヨネーズを入れ
和えれば出来上がりワーイ♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪
完成!!




苦いのが苦手な方も
たぶんOK!!なはず
是非チャレンジしてみて下さいね(≧▽≦)





前回の根知川の屈辱を晴らすべく
今回は、勝手知ったる那珂川へ


いつも例年通りなら荒川が熱いはず
なので荒川へ直行(* ̄0 ̄*)ノ オォー!!
で、川を見ると…アリャΣ(;゚;Д;゚;)!!
いつもは黄色いはずの石が…
泥を被ってくすんでいるではないの((((;´゚Д゚)))アワワワワ 


その後何箇所か廻って
辿り着いたのがここ
ポイント下流

他の所よりもハミ跡もあって
何よりアユ見えるし(≧▽≦)ゞ


ってことで急いで準備して
川へ入ったのが9時
目の前の瀬を釣り下る感じで
ず~っと下まで 0匹 il||li _| ̄|● il||li
や~っと瀬落ちの肩で1匹掛かってた_| ̄|○
掛かったのすら気づかない程アタリ弱

戻りつつ反対側のチャラ瀬を
上に泳がせてまた1匹_| ̄|○il|li
これで午前中終~了!!


お昼ごはんを食べつつ
後半戦のプランを練る(笑)
とそこに…
下流から一人のオツッサンが…










投網 投げてるし ヽ(`д´*)ノ














これで、あたりの弱いのも
美味しそうな瀬で釣れないのも納得
ならばやられる前に
殺ってしまえ(*゚д゚)!!(笑)
って事で上流のトロ瀬へGO!!
ポイント上流




だけど川見もろくにしないで
ポイントへまっしぐらだったので
手前の追いそうなポイント潰しましたが…何か(`д´メ)


まあ色々ありつつも本命ポイントへ
オトリを放しゆっくりと上へ泳がせると








ガガーン ギュギューン 

キタ━━━━━┌(。A。┌ )┐━━━━━━!!!!!














今日初めてのまともなアタリ
しかも引きが強い~っ!!
おとりが変わるとほぼ入れ掛かり状態で
5匹連荘 (;゚∀゚)=3 ムッハー
これだから止められませんなぁ~

でもその後釣り返すも
1匹のみで終了
潰してしまったポイントが…・゚・(*ノД`*)・゚・。
>泣くならもっと慎重にやれよって突っ込みは無しって事で



本日の釣果
15cm~21cm 8匹でした〓■● ドテ!
荒川 釣果















次こそ入れ掛かり ((* ิ∀ ิ)).。o○






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。